無料で楽しめる!オンライン美術館めぐり

コロナ禍で美術館に行くのも気が進まない…。
でも時には美しい絵画を堪能したい…。

そんな方に朗報です♪

実は、インターネットで美術館めぐりができるのです!

しかも、通常なら美術館に入館するのに料金がかかりますが、なんと
オンラインなら無料なのです。

歴史や文化の教養が身に付けられ、想像力が鍛えられ、センスを磨ける美術館。
そんな美術館巡りが自宅で無料でできるんです。素晴らしいですね!

オンライン美術館のメリット

・外出しなくていい
・入場料がかからない
・時間制限がない
・静かにしなくても良い
・飲食してもOK
現実の美術館よりも優れているかもしれません。
拡大して絵を細部まで見られますし、何時間見ても誰にも迷惑をかけません。
好きな音楽かけてもいいですし、紅茶飲みながらでも鑑賞できます。

そんな素敵な無料オンライン公開をしている美術館を、早速ご紹介いたします。

大原美術館

大原美術館
近現代美術中心のコレクションをもつ岡山県倉敷市の美術館。利用案内、WEB展示室、ウェブお得情報など。

大原美術館は岡山県の倉敷市内にある、美観地区と言われるエリアにあります。
美観地区に来たら必ず立ち寄りたい観光スポットと言われています。

実業家であった大原孫三郎と、洋画家の児島虎次郎によって礎が築かれました。
日本の絵画だけでなく、海外の絵画も充実しています。

エル・グレコの「受胎告知」、ゴーギャンの「かぐわしき大地」、そして、モネの「睡蓮」が有名で、特に「睡蓮」は、モネ本人が虎次郎のために選んでくれた1枚だそうです。

エル・グレコの受胎告知はキャンパスも大変大きく、ものすごい迫力で一見の価値あり。

落ち着いたらぜひ本物の迫力を堪能したい!と思わせる作品です。

オンライン美術館の歩きかた

「大原美術館」リンクをクリックすると美術館内を歩き回れる画面に移動します。

マウスでクリックすればその方向へ歩きます。
マウスの真ん中をグリグリとスクロールすると拡大縮小ができます。

絵の前まで来ると絵を詳細に見るリンクが左下に出ます。

更に外部リンクとして絵の説明や歴史のページに飛ぶこともできます。

オンライン美術館めぐり

オススメの鑑賞方法は、大画面もパソコンで絵を見ながら散策して、
手元のスマホで解説と歴史を読むといい感じです。

また大原美術館以外にも無料オンライン公開している美術館もあるので、そちらも散策してみてはいかがでしょうか?

⇒オンライン美術館を他にも見てみる


タイトルとURLをコピーしました