誰か私のパソコンを設定して!

パソコンの設定がよく分からない!という方は多いと思います。
近くに詳しい人がいてやってくれるという場合は良いのですが、そのような便利な人がいない、あるいは近くにいない場合は途方に暮れてしまいます…。

誰か私のパソコンを設定してーーー!と泣きたくなります…。

ですが実は、遠隔操作でパパっとパソコン設定してもらうことができるってご存知ですか?

パソコンに詳しい人が、あなたのパソコンにインターネットを通してアクセスできます。悪用すると大変なことになりますが、よく知っている人なら簡単に設定してもらえて便利です。

今回はそんな、知っていると便利な遠隔操作について説明します。

遠隔操作を頼める条件

*パソコンの電源が入っている
*インターネットにつながっている

この2つです。インターネットを通じて設定をするので、まずパソコンが起動できてネットに繋がっていることが前提です。

頼むことができる例

「パソコンは動いているが調子が悪い。ウイルスかも?」
「変な画面が出るようになった。」
「いつも使っていたソフトがなくなってしまった」
「年賀状のデータがどこかにあるのだけれど場所がわからない」

といった具合に、パソコンは動いているけれど解決できない問題が発生した、という場合。遠隔操作で対応してもらうことができます。

頼むことができない例

「新しいパソコンを買ったから設定してほしい。」
「パソコンの電源を押しても真っ暗なままで動かない。」

「インターネットの接続をしてほしい」
といった状況には対応できません。
購入した電気屋さんか、来訪してくれる業者さんに頼むしかありません。

遠隔操作の安全性

画面を見ることができるので変な動きをしていれば分かります。
しかし、パソコンを相手に自由に操作できるようにするため、ちょっと不安ですよね。
親類や知人、所在がはっきりしている業者さんなどに限ったほうが良いと思います。よく分からない人や業者さんなど信頼できない相手に遠隔操作を頼むのはおすすめできません。

また、「一度相手に接続してもらったら、勝手に今後も自分のパソコンを覗かれるのでは?」という不安もあるかもしれません。

ですが、遠隔ソフトは基本的に一度限りの接続で、パソコンを再起動すれば再接続できなくなります。
しかし操作次第ではソフトを削除するまでずっと接続可能な状態にもできるので注意が必要です。不安であれば用事が終わった後に導入した専用ソフトを削除してください。

具体的なやり方

遠隔操作のソフトをインターネットでダウンロードしてパソコンに入れます。これはお願いした人が使いやすいものを指定してくれると思いますので、それに従うと良いと思います。

ダウンロードしたら、そのソフトを起動し、接続のためのパスワードを相手に伝えます。

パスワードを相手に伝えないと接続できないので、誰でもあなたのパソコンにアクセスできるわけではありません。知っている人だけになります。

最近では、遠隔操作を導入している業者さんも増えてきています。

なかなか難しいですが、遠隔操作を頼む相手に電話かチャットで聞きながらやると良いでしょう。すべての設定を電話で聞きながら自分でやるよりも楽なはずです。

つながってしまえば相手がやっていることを画面を眺めながら見守っていれば設定は終わります。

パソコンの遠隔操作まとめ

コロナ禍のリモートワークで遠隔ソフトも身近なものになりました。
パソコンに詳しい方ならリモート操作での設定は簡単にできます。
家族や知人に詳しい人がいるならば頼んでみると良いでしょう。


タイトルとURLをコピーしました