今すぐ使えるスマホの便利機能

車の中で落としてしまったものを探すの大変ですよね。
駐車券とかボールペンとか小銭とか…
特に夜、暗くなってくると室内灯でも足元やシート横の隙間などはさっぱり見えません。
スマホ画面の明かりでも多少は照らせますが、勝手にスリープになって暗くなっちゃうし、懐中電灯に比べると明るさが物足りません。

そんな時に役立つのがスマホのライト機能!

スマホは最初からライト機能が搭載されているので使い方を知るだけです。
不測の事態は突然起こるものですからスマホライトの使い方をあらかじめ知っておけば何かと便利です。

今回はスマホライトの付け方について。
アイフォンとアンドロイドの操作方法を紹介します。

スマホライトの付け方(アイフォン)

スマホ画面を下から上へスーッと動かすと、よく使う機能がまとめられているコントロールセンターという画面が表示されます。(スワイプという操作です。)

この中に懐中電灯のマークがあると思います。
これをタップすると点灯、もう一度タップすると消灯します。
慣れれば「」でライトをつけることができるようになります。
ちょっと練習しておけば暗い足元をサッと照らし、溝や段差を確認することができるようになるので重宝します。

懐中電灯のボタンが表示されない場合
「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」と進みアイコンのカスタマイズ画面を表示します。


アイコン一覧から「フラッシュライト」を探し左側の「+」ボタンを押すとアイコンが追加されます。
もし追加されているのに表示されない場合はアイコンが多すぎて2ページ目に移動しているかもしれません。使わないアイコンを左側の「ー」ボタンを押して外すと良いでしょう。

スマホライトの付け方(アンドロイド)

スマホ画面を上から下へスーッと動かすと、ライトと言うアイコンがある画面が表示されます。


これをタップすると点灯、もう一度タップすると消灯します。
アイフォンと比べると上にあるか下にあるのかの違いで基本的に一緒ですね。
カメラなどフラッシュを使うアプリが動いている場合「ライト」が表示されないことがあります。その場合はカメラを終了するとライトが使えるようになります。

つけっぱなしに注意

スマホのライトは非常に明るく直視すると目を痛めるほど強いのですが、光があまり広がらず照らした所以外は暗いままです。そのためスマホライトがついたまま気づかず、そのままになってしまうことがよくあります。

特に昼間や机においていた場合はかなり気づきにくいです。
このスマホライトはかなりの電池を消耗するので数時間もすればバッテリーがなくなってしまいます。注意しましょう。

スマホライトまとめ

いかがだったでしょうか?

私の場合はほかの人が使っているのを見て、「スマホライトを使えば良かった」と思い出すことが多いですが、必要な時にサッと使えればかっこいいですよね。
同じ手順で電卓やカメラ、ボイスメモなども呼び出すこともできるので、応用次第でスマホがどんどん活用できるようになると思います。


タイトルとURLをコピーしました