熱がこもらず飛沫感染を防いでくれる!お勧めマスク4選

緊急事態宣言がまたもや発令されました。

コロナ対策で、マスクが必須の生活が続いていますよね…。
これから先、気になるのがやはりマスクは「蒸し暑い」ということです。

昨年も問題になっていましたが、どうしてもマスクをしていると熱中症のリスクが高くなってしまうとのこと。

夏は本当にマスクが辛いという方も多いと思います。

そこで今回は、そんな夏に快適に過ごせるマスクをご紹介したいと思います♪

これで暑い夏も、少しマシに乗り越えられると良いなと思います。

農作業じゃないのよ。女性に人気のしっかりタイプ。

まず、見た目のインパクト大です(笑)

ですが、こうしてモデルさんが付けていると、なぜかおしゃれに見えるので不思議ですね。

昨年もチラホラ町で見かけたタイプのフェイスガードですが、今年はもっと増えるのではないかと思っています。

さらに、帽子とサングラスをセットにすると夏の日焼けも怖くない!
ちょっと目立ちますが、そして農作業をされる方がよく使っている形のイメージもありますが、おしゃれな柄であれば意外と良いかもしれません。

顎周りが特に涼しく、下が空いているので通気性もよく擦れたりもしません。
使い捨てマスクと比べ、肌荒れやニキビの心配がないのが良いですね。

メガネをかけている人には便利なお役立ちマスク

名前は一応マスクですが、フェイスガードやマウスガードに近いですね。

使い方は簡単で、メガネに引っ掛けて顔の下半分を覆う形になります。

このマスクの良い点は、顔に触れずに飛沫感染を防いでくれるというところ。顔に密着するマスクとは違うので、息もしやすく蒸れにくいと思います。

ただし、自分の飛沫を飛ばさないという点は良いかもしれませんが、飛沫感染を防げるかと言うと、隙間だらけなので少し不安が残ります。

とはいえ息がしやすい点では最も優れたマスクかもしれません。

少し不便な点が、食事の時にこのマスクを外すと一緒にメガネが外れる点です。マスクの隙間から食べようと思えば何とかできそうですが、ちょっと不便ですね。

また、メガネを付けない人には使えないですね。

マスクと顔に隙間を作って快適♪

マスクの中にプラスチックのカバーを使います。これだと直接マスクが顔に当たらず、空間ができるので息苦しくないのですね。

もともとランニング用マスクとして開発されたもので、マスクと口との間に空間があるおかげで、激しい運動をしても息苦しくありません。

また、スポーツ用なので、汗に濡れても呼吸がしやすく、熱もこもらず、洗って繰り返し使うこともできます。

同じスポーツ用の呼吸しやすいマスクには、スカスカ素材のメッシュマスクがあります。メッシュのマスクは確かに快適ですが、室内では飛沫感染を防げないという不安な面もありました。

これなら快適に過ごせて、スカスカのマスクよりは感染予防になりますね。

大げさにならない、通気穴付きの便利マスク

通気穴のついているマスクは、何だか大げさと感じる方もいらっしゃると思います。

どうしてもガスマスクなどのイメージが強く、ちょっと見た目も怖いですよね…。

ですが、このマスクであれば、あまり大げさな見た目ではなく、むしろオシャレな見た目で通気穴もついていて使いやすいです。

なにせ息がしやすい上に蒸れにくいので、夏にはオススメです。

また、自転車やバイクに乗っていると、前から風を受けて、マスクの布が顔や口にピッタリ張り付いてしまって呼吸しづらくなりますよね。

そんな場合ににも、この通気穴を通して呼吸するガスマスク式マスクは便利です。

布のように柔らかいタイプではないので、張り付いて呼吸しづらくなるというのもありません。

メガネをかけている方にもオススメなのですが、このマスクは息が隙間からではなく、通気穴から出るのでメガネが曇りません。

ライダーズマスクとも呼ばれたりしており、いくつか種類もあるので、ぜひ夏のマスク候補として考えてみてはいかがでしょうか。

夏にお勧めマスク4選まとめ

いかがだったでしょうか?

去年の夏はマスクが入手困難で「手に入ればなんでもいい」という状態でした。
しかし今年は色々なマスクが手に入ります。

夏のマスク問題は本当に深刻です。
ぜひあなたも、蒸れにくく感染予防にも役立つお気に入りのマスクを探してみてくださいね!


タイトルとURLをコピーしました