謎の体調不良の原因は気圧かも? 頭痛と雨の日について

天気が悪くなると、頭が痛い、気分が沈むなどの症状が出る方もいると思います。

実は、「天気痛」という病名がついています。
気合いでどうこうできるものではなく、病気なんです。
天気痛は気象の変化によっておこる頭痛やめまい、肩こりなどの症状の総称です。

今回はこの「天気痛」について紹介していきたいと思います。

「天気痛」による不調とは

天気が変わることによって、頭痛や気分が悪くなる症状を「天気痛」と呼びます。
「天気痛」の症状や出るタイミングは人それぞれで、頭や首・肩などが痛くなる、気持ちが落ち込む、めまいがするなどの、体や心の不調以外にも、古傷の痛み、関節リウマチや喘息、更年期障害が悪化するなどさまざまです。

最近は天気痛への理解も深まり、
「それはお前の気合いが足りないからだ!」
といわれるような事は少なくなってきました。

「天気痛」の原因は「気圧」

雨の日に体調が崩れてしまう理由は、気圧変化によるものです。

気圧は天気の移り変わりとともに変化しています。
そしてその変化を感じるセンサーが耳奥にあります。
耳奥センサーが急激な気圧の低下または上昇を感じると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。自律神経は「体を緊張させる神経」「体をリラックスさせる神経」でバランスをとってなりたっています。

体を緊張させる神経が活発になりすぎると、
痛みの神経を刺激して頭や古傷が痛くなります

また、体をリラックスさせる神経が活発になりすぎると、
だるさや気分の落ち込みを感じます」

「天気痛」が起こりやすい方は、気圧の変化を感じ取りやすいと言えます。
乗り物酔いをしやすい方は気圧の変化に敏感な人なので要注意です。

「天気痛」の予防法

抗めまい薬

耳奥センサーの血行を促して、気圧に対する過剰な反応を抑えることができます。

市販の痛み止めを飲んで耐える人も多いようですが、気分が優れない上に胃も悪くします。医者に適切な薬を処方してもらいましょう。不必要に強い薬を使わなくてすみます。

漢方薬

漢方薬でも「天気痛」の緩和が期待できます。
めまいを抑える「ツムラ17 五苓散」
自律神経を整える「ツムラ54 抑肝散」
などが有名です。


ツイッターなどで五苓散で雨の日も快適!と言ってる人もいますが、どの薬が自分にあっているのかはわかりません。いずれも服用する際は、必ず医師や薬剤師に相談の上、症状・体質にあわせて適切に服用してください。

耳のマッサージ

薬だけに頼らず、耳の血流を整えるマッサージを、あわせておこなうとよいでしょう。
耳まわりの血流が悪いと耳の奥のセンサーのリンパ液が滞り、めまいや頭痛を引き起こします。「天気痛」の症状が出そうなときはもちろん、日頃からおこなうことで「天気痛」の症状が起こりにくくなります。ぜひ、試してみてください。

①耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張る
②そのまま軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっくり5回まわす
③耳を包むように折り曲げ5秒キープ
④耳全体を掌で覆って、ゆっくり円描くように後ろに向かって5回まわす

「天気痛」をやわらげるポイント

まず、早寝早起きを心がける、もしくは睡眠の質を上げることが大切です。
寝る1時間前に部屋の照明を少し落とし、スマートフォンの使用を控えることで睡眠の質が上がります。そして起床後は日光を10分ほど浴び、自律神経を整えましょう。

また1日3食の規則的な食事がかかせません。
特に朝食は自律神経を整えるために重要です。

頭痛と雨の日についてまとめ

頭痛や気分が沈むときはその日の天気を確認してみましょう。
原因不明と思っていた頭痛が天気による影響だとわかることで、痛みが軽くなることもあります。
事前に対応できれば快適な梅雨を過ごせるでしょう。


タイトルとURLをコピーしました