女性の強い味方、納豆。ご飯にかけるだけじゃない活用法

昔から日本で食べられている納豆は、栄養がバランスよく含まれた健康食です。

具体的には、
細胞の成長や再生を促すビタミンB
新陳代謝や老化防止の効果が期待できるポリアミン
腸内環境を整える食物繊維
骨の健康に不可欠なカルシウム
女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボン
肌荒れの改善に役立つ納豆に含まれる大豆レシチン

など女性に嬉しい栄養素も!

さらに、注目すべきは「ナットウキナーゼ」です。
納豆から発見された酵素で、納豆にしか含まれない特別な栄養素です。
ネバネバに含まれている「ナットウキナーゼ」には、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓を予防する効果があります。普段の食事で病気が防げるとなれば毎日たべたいですね!

簡単なちょい足しアレンジで、納豆の力は倍にもなる!

発酵食品(キムチ、塩辛、豆板醤、塩麹など)と一緒に食べると、相乗効果により腸内環境を整えてくれます。

マグロ、ゴマ、シソなどをプラスすれば、血行促進やコレステロール低下効果がさらにアップ!

生姜、梅干し、ニンニク、ネギ、玉ねぎなどを合わせれば、納豆のビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果が期待できます。

刻むだけ、乗せるだけで効果が倍増するなら、やらない手はないです!

朝の納豆と夜の納豆は効果が変わる!

納豆は、食べる時間帯によっても期待できる効果が変わってくるんです。

朝食べればタンパク質が熱を体内で作り、代謝アップ、冷え性予防などが期待できます。
夜食べるとタンパク質が寝ている時の成長ホルモンの材料となり、美肌を作るサポートをします。

また、血行促進の効果を期待するのであれば、血栓は朝方できやすいため、夜に食べるのがオススメです。

タレが先か…混ぜるが先か…

納豆は混ぜるとアミノ酸が増し、旨味がアップします。
しかし、タレを入れてから混ぜると粘りがあまり出ません。

ネバネバ好きさんは、ぜひタレを入れる前に混ぜてみてください。
おもしろいほど粘りがでてより楽しめます。

納豆はとにかく混ぜるべし!

簡単!混ぜるだけ!便秘解消!アボカド納豆丼

イソフラボン効果で生み出される「エクオール」という成分が、女性ホルモンに作用します。
その効果アップにアボカドが効果抜群なのです。
さらに不溶性食物繊維の多い納豆とアボカドでさらなる美腸効果が期待できます。
妊婦さんに多い便秘の解消はもちろん、産後ダイエットにもオススメです。

  • ひきわり納豆 1パック
  • アボカド 1/2個
  • ポン酢 大さじ1/2
  • ごま油 小さじ1
  • いりごま 適量
  • 刻み海苔 適量
  • ラー油 適量
  • ごはん 1杯

火は使わず混ぜるだけです。
ササッと食べたい時にピッタリです!
ラー油は多めにかけるのがおすすめです。

粘り気がクセになる「パスタ」

納豆をパスタにのせれば、超簡単なのにとても美味しく仕上がります。

  • パスタ+明太子パスタの元+納豆
  • パスタ+和風パスタの元+納豆
  • パスタ+お吸い物の元+納豆

あたりの組み合わせが特に美味しいと評判です。
ナットウキナーゼが50度、イソフラボンが70度で破壊されてしまいます。
温めたりする場合は、納豆を最後に加えるようにすると良いでしょう。

血行促進やコレステロール低下効果のあるツナ缶や良質タンパク質の生卵を追加しても良いでしょう!

「天ぷら」「かき揚げ」…揚げてホクホクに

最後には、納豆を揚げちゃいます。
なんと独特の匂いやねばねば感がなくなり食べやすくなります。
て残念な事に納豆特有の「ナットウキナーゼ」も熱で破壊されてしまいます。

しかしコレが本当に美味しいのです。
大豆が納豆化することにより柔らかさとホクホク感が出ます。
血行促進やコレステロール低下効果を狙った大葉を含めたレシピを紹介します。

  • 大葉 約8枚
  • 納豆 1パック
  • のり 約4枚
  • 天ぷら粉
  • 水 約250ミリ
  • 揚げ油 適量

大葉の上に納豆を置き、その上にのり、その上にまた納豆、最後に大葉をかぶせる。
のりを中心に上下に納豆、大葉で包む感じになります。

この納豆大葉の両面に溶いた天ぷら粉をつける。

油の温度を中火強にして、大葉を揚げる。

納豆まとめ

いかがでしたでしょうか?
納豆は、日本版スーパーフードとも言えるほど、栄養満点の食品です。
ぜひ、メニューに納豆をプラスして、日々の健康に役立てましょう。


タイトルとURLをコピーしました