昔とどう違う?今どきの孫の七五三事情とは?

おばあちゃんが知っておきたい最近の七五三とは?

小さい子供がいると特に実感しますが、だんだんと子どもが成長する姿は本当に嬉しいもの。
そんな子どもの成長を祝う行事のうちの1つが、
七五三です。

じつは、今と昔では時代ともにお祝いの仕方に大きな変化が・・・!

孫に「え~おばあちゃん知らないの?」と言われないための
そんな最近の七五三事情について今日はご紹介します。

実は七五三を祝うタイミングが変わった!

七五三をお祝いする日は一般的には11月15日ですよね。

ですが、最近では混雑を避けたり、仕事がお休みの土日にすませるために、
10月~11月末の間で予定を組む方が多いようです。

また、昔は正式にかぞえ歳で

3歳・・・男の子、女の子

5歳・・・男の子

7歳・・・女の子

とお祝いをしていました。

今はいっぺんにすませるために、上のお姉ちゃんは実年齢で(実際は7歳)で、
下の弟はかぞえ歳で(実際は4歳)でお祝いをする。

なんていう家庭も多いです。
かぞえ歳でお祝いをするのか?実年齢でお祝いをするのか?

現状はどちら派が多いのかというと、だんだんと、
「実年齢派」が多くなってきています。

理由は、子どもが1つ大きくなったほうが分別もついて、
着物を着させやすく、お参りにも行きやすくなるから。

周りのお友だちも実年齢でお祝いをする子が多いということで、
1年遅らせても抵抗がない、というのも理由の1つです。

神社でも実年齢で祝うなんて・・・と言う神主さんはいらっしゃらないので、
家庭の事情に合わせて良いという、

柔軟な考え方が一般的になっています。

ポイント2.お祝いの仕方は今と昔で変わった?

昔は正装をして神社にお参り・ご祈祷をしてもらって、千歳飴を頂いて帰る
(子どもの楽しみはここまで含めてでした 笑)
ということがおもな行事でした。

ですが、今はおもな行事は「記念写真」という家庭も多いです。

なんと、記念写真だけ撮って神社にお参りはしない、という子どももいるそう。
これはちょっと極端ですが、写真スタジオで写真を撮ってもらい、

衣装をレンタルして、神社に参拝。

その後、みんなでお店で食事会という流れが一般的になっています。

おじいちゃん、おばあちゃんが参加するのは神社から、という形が多いですが、
何より、子どももお母さんも一番気合いが入るのは、
その前の写真撮影。

しかも、着物→洋装(女の子ならドレス)→洋装2着目(ドレス2着目)と、
衣装を変えて数種類のパターンの写真を撮るのは当たり前。

もちろん、女の子はばっちりメイクにヘアセット。
男の子もヘアセットはばっちり決めます。

ということは、神社に行くころにはもう子供も親もグッタリ・・・
というのが本音かもしれません。

なので、参拝時や食事の時は子どもを一瞬でも面倒見てあげるだけで、
娘さん・息子さんからとっても喜ばれると思います。

まとめ

家庭の事情や社会の変化にあわせて、七五三の過ごし方も
どんどんと変わっています。

こうでないと!というルールはもうないんですね。
家庭の状況やとくに主役である子どもたちに合わせて、
祝い方を選んであげたいと思うのが親心。

せっかくのお祝い事。
みんなで幸せを共有できる、素敵な時間にできたらいいですよね。


タイトルとURLをコピーしました