癒やされる音色が魅力。ウクレレ人気の秘密に迫る。

ウクレレといえば、
ハワイアンのイメージが強いと思います。

美しい夕日と美しいダンス、
そして癒やされる優しい音色。

ポロロンと奏でるだけで、
なんとなくハワイの風が吹いてきそうです。

そんなウクレレが、
コロナ禍で大人気なのはご存知でしょうか?

ウクレレ人気の秘密1:え?誰でも弾けるの?

あなたは、ウクレレをご覧になったことはありますか?

大きさはバイオリンと似ていて、弦の数も4本。

バイオリンと同じなんですね。

ですが、構造は全く違います。

ギターの構造に似ていて、しかもギターより押さえやすい。

さらに弦も4本しかないので、とっても簡単なんです。

どこも押さえずに、ポロロ~ンと鳴らしただけで、

とっても素敵な音色が響きます。

ウクレレの魅力は、なんといっても「お手軽さ」なんですね。

とにかくカンタン。

初めての方でも、すぐに1曲、2曲弾けるようになります。

ウクレレ人気の秘密2:軽い、安い、疲れない

そして、初めての楽器にチャレンジする時に大切なのが、初期費用です。

例えば、ピアノを始めたいと思ったとき。

普通の縦型ピアノは30万円から。電子ピアノでも5万円くらいしますよね。

ところが、ウクレレの場合。

1万円代でそこそこの楽器を手に入れられます

(さすがに1万円以下の楽器は不具合も多く、初心者の方は避けたほうが良いです)

楽器の中では安いほうなので気楽に始めることができます。

しかも、とっても軽いので持ち運びもラク。

さらに、抱えていても疲れにくいです。

やはり練習しても疲れない、持ち運びしやすい、そして安い。

この3点はとっても魅力的ですよね。

ウクレレ人気の秘密3:なぜ、ウクレレの音は癒やされる?

ウクレレの音色が好き、という方はとっても多いです。

あの、ポロロ~ンという軽やかで可愛らしい響きは、独特ですよね。

秘密は、音の高さにあります。

ギターやバイオリンは、低い音から高い音へ、順番に弦が並んでいます。

ギターなら、このように正面で見た時に上から下へ、音が高くなっていきます。

ですが、ウクレレはちょっと違います。

一番高いのは、一番下の弦ですが、次に高い音は、一番上の弦です。

他の楽器は、だんだん高い音になっていくのですが、
ウクレレは高い、低い、中位、高いという並び方です。

ですから、何とも言えない、独特の響きになるのですね。

これがウクレレの音色が癒やされる秘密のひとつなんです。

ウクレレで「蛍の光」を弾くとこんなに素敵

せっかくですので、素敵なウクレレの音色を聞いてみましょう。

蛍の光

蛍の光も、ウクレレで弾くと、少しだけ南国風で癒やされる素敵な曲になります。

演奏は、グッドアピールが誇る講師陣の一人。

古川忠義先生です。

古川先生が教えるウクレレ講座は、とっても楽しくて分かりやすいと評判です。

楽器セットなら、届いてすぐ始められるので、外出を控えたい今、大人気♪

気になる方は、今すぐチェック!

もう一つおまけ。ウクレレは小さくても大きくてもOK

ウクレレには、色々な大きさがあります。

一般的に初心者の方にオススメなのは「ソプラノ」という小さいサイズのウクレレです。

持ちやすいですし、弾きやすいからです。

じゃあ、他のウクレレはだめなの?

と思われた方、ご安心ください。

ウクレレの素敵なところは、どのサイズのウクレレも「同じ音が出る」ということなんです。

例えば、バイオリンとチェロだと、形は同じですが、出る音が違います。

音の高さが違うので、バイオリンの楽譜や教本でチェロの勉強はできません。

ですが、ウクレレはどのサイズのウクレレも同じ楽譜で同じように弾けます。

何が違うのかというと、音の大きさなのですね。

(厳密に言うと、もう少し色々違いはあるのですが…。ここでは割愛させてください)

つまり、もしあなたが今後ウクレレの魅力にハマったとき、色々な楽器で

楽しく弾けるということなんですね!

これもウクレレの人気のひとつなんです。

そんな可愛らしくて、カンタンで楽しいウクレレ。

大人気のため在庫切れも多いです。もし気になる場合は、お早めにご検討ください。


タイトルとURLをコピーしました