春限定!無料!密を避けて楽しめるおでかけスポット

コロナ禍の余暇、いかがお過ごしでしょうか?

旅行どころか移動やおでかけすらままならない。
孫を預かっても自宅のおもちゃは飽きたと言うし、
近くの公園ではもう満足してくれない。
買い物に行くとしても密を避けたい
結局文句言う孫をなだめながら家にこもってる…

そんなあなたにオススメなのがつくし狩りです!
春の雰囲気を感じに行きましょう!

つくしとは

スギナというシダ植物の胞子を飛ばすため茎です。
胞子を蓄え飛ばすために葉より先に「つくし」だけが伸びて育つのです。

掘り返すとつくしの根とスギナの根は繋がってます。
スギナは雑草の中でも最強の一角です。
地中深くにはりめぐらされた根の一部でも残ればそこから復活します。
完全駆除するのが非常に困難な植物としても有名です。

つくしの採れる時期

3月~4月頃がピークで2月~5月頃まで採取可能です。
同じ場所でのつくしの生えるタイミングが3月上旬と4月下旬の2回あり、
1回目と2回目で性質の違うつくしが生えます
またこの性質のために2月~5月までと山菜にしては非常に長い期間採取することができます

1回目の2月頃は他の雑草もあまり茂って無く探しやすくはあるのですが、
つくし自体が太く短くハカマが多いので食べるのには苦労します。

2回目4月頃は他の雑草も生い茂っているため、それより高く伸びようとするつくしは、
ハカマも少なく食べるのに適しています。

つくしの採れる場所

畑や田んぼのあぜ道、空き地などわりとどこにでも生えるのですが、
大きな川沿いの土手や河川敷がオススメです。
車も停めやすいですし、子供達がつくし狩りをしてても見渡しやすいので危険を未然に防げます。

さらに土手の斜面は川の左右や川の向きで日照時間が変わるので、
しばらく歩けばその日に最適な採取ポイントを見つけられます

この時期であれば、川沿いを車で注意して走ってれば、ビニール袋持って何かを探してる人がポツポツいると思うので採取している人を探します。人が居る所は必ず採れます。
採取してる人は大抵時期や場所を熟知してるので、採取してる人を探しやすいというのも土手や河川敷がオススメの理由でもあります。

採り方のコツ
つくしを1本見つけたらその周囲を注意深く探すと良いです。
地下に巨大な地下茎網をはりめぐらせているので、同じ株のつくしが数本は見つけられます。
野焼きや山火事の跡地、工事で整形してすぐの土地などによく生えてます。
土壌の酸性アルカリ性というより、生命力と繁殖力の高さが他の雑草よりも優れているので、他の雑草が展開するより早くスギナが根付くからだと思われます。

つくし最大の敵は人間です。
人通りが多い所行きやすい所は生えたとしても採られてしまってることが多いです。
人間を出し抜くには人類の叡智!グーグルマップ航空地図モードを使います。
よく分からなければスマホのマップアプリを航空写真モードに変えてみてください。
車で行けそうか否か周囲の状況がだいたい分かります。
良さそうな所を何箇所かピンを立てておけば、ナビでそのピンまで行くだけです

つくしの難易度

採取は山菜の中でも最も簡単で子供でも安全に採取できます。
あえて言うならば、車に気をつける、川に落ちないように気をつけるくらいでしょうか?

服装も何でも良いですし、道具も必要ありません。すばらしいですね。

つくしの食べ方

私の知る調理法では、卵とじ、佃煮、天ぷらですが、いずれの場合は下処理の仕方は同じです。

  1. ハカマを取る
  2. 水でしっかり洗う
  3. 茹でる

ハカマを取る

つくしの面倒な所は実は採った後にあり、ハカマと言われる食べられないジャギジャギを取り外す作業があります。このハカマを取り外す作業が面倒で、隙間に胞子や砂が入ってたり、軸からむしり取る感じで外すため、アクが指先や爪の隙間に入り込んで染まったりもします。
ハカマを取った後はアクで色が変わるので、ハカマを取ったら水の入ったボウルに入れていくと良いです。

水でしっかり洗う

山奥から取ってきた山菜というわけではなく、どっちかと言うと道草なので、しっかり洗いましょう。

しっかり洗うと開いた胞子から胞子も洗い流されるので苦味が減ります。

茹でる

←が胞子を飛ばす前   →が飛ばした後

私はあの苦味がすきなのですが、胞子を飛ばす前の頭の部分に苦味があります。
胞子を飛ばした後の頭や茎の部分は苦味がないので、
お子さんと食べる場合には事前に頭を取ってしまってもいいかもしれません。

やわらかくなるまで茹でてしまって構いませんが、
佃煮の場合は硬さが残る程度に軽く茹でたほうが良いです。

後は適当に調理するだけです。
すいません、私は採ってくる専門で料理に詳しくないのです。
レシピサイトを紹介しますので詳しい料理法はそちらで…
クックパッドつくしの簡単おいしいレシピ(作り方)

つくし狩りまとめ

子供やお孫さんと一緒にお散歩ついでに「つくし狩り」いかでしょうか?

今だけしか味わえない春の苦味、なかなか良いものです。  …少量であれば

担当:佐藤


タイトルとURLをコピーしました