最初はみんなわからない。スマホでコピー&ペースト

良いサイトを見つけたので教えたいのだけれど、どう送れば良いのかわからない。

通販で自分のメールアドレスや住所を毎回入れるのが面倒くさい。

スマホを使っているとそんなことはありませんか?

紙のメモに書いて、それを入力すれば確実ではあるのですが、スマートではありません。
せっかくスマートフォンを使っているのですから、スマートにいきましょう!

スマホメモにアドレスなどを書いておき、必要時にコピーして使えると便利ですよね?

その便利さの基本になるコピー&ペーストついて説明します。

繰り返し入力から開放される。コピー&ペースト

文字を2度すばやく選択、または長押し → アイコンを左右に動かして文字列を選択 →「切り取り」か「コピー」を選択 → 貼り付ける位置を選択 → アイコンを選択、または貼り付ける位置を長押し →「貼り付け」を選択することでコピー&ペーストができます。

コピー&ペーストの方法を文字で説明するとこうなりました。
はい。わからないと思います。私も書いててよくわからなくなりました。
画面の画像を交えてゆっくり説明します。

画像はアイフォンのものですが、どんなスマホでも同じ操作で同じことができます。

文字の上で指を長押し※すると、カット、コピー、そして範囲を指定するピンなどが表示されます。
※長押し=指でおさえたまま数秒待つ

文字が入力できるところだった場合キーボードが表示されることもあります。
この画像ではメール作成画面なのでキーボードが表示されていますね。

文字の範囲を指定しているピン、動かせそうですよね?もちろん動かせます。

このピンを動かしてコピーする範囲を自分の希望の範囲まで移動させるのです。

今回は[ピアノ講座]の部分をコピーしてみたいと思います。

ピンで[ピアノ講座]の部分が選択されているのを確認して、上の[コピー]を選べばスマホがこの文字列を記憶してくれます。カットを選んでも記憶してくれますが同時に選んだ部分は消えます。

元の文章を残すか残さないかでカットとコピーを使い分けてください。

ペーストの出し方は長押しもしくは優しく1回タップ

次にコピー先を指定します。
コピーする予定のところで優しく1回タップすると[ペースト]という文字が出てきます。
この[ペースト]を選ぶとスマホが覚えている文字列を「貼り付け」てくれます。

というわけで[ピアノ講座]がペースト(貼り付け)できました。

実際にどう便利に使えるのか?

通販で商品を購入したら発送通知に伝票番号などが添えられています。
この伝票番号をコピーしてスマホに一時的に覚えさせて追跡ページへ移動したあとペーストをすれば、今荷物がどこにあるのか?などを確認することができます。

この画像、実は[配送状況]というところがリンクになっており、タップすると配送状況を確認するページに飛ぶのですが、ここでこの配送状況のボタンをコピーの範囲指定したときのように長押しすると、ただの文字列のときより随分たくさんメニューが出ます。

スマホによって挙動は違いますが、この場合ですと、

1.amazonの発送確認ページに飛ぶか

2.アイフォンの通常ブラウザサファリで開く

3.あとで読むリストに追加する

4.リンクのアドレスをスマホに覚えさせる

5.このURLを渡すアプリを選ぶ画面に移動する。

といった具合にスマホがよく使うだろう候補をいっぱい出してくれます。
親切というかおせっかいな感じですが、ただ単に飛ばされるまま飛ばされるだけでなく自分で制御できます。

リンクをコピーしたいとき

リンクをタップするとぱっとリンク先のページが表示されてしまいます。

この画面は受信したメールなので編集はできませんがコピーは可能です。好きな範囲を指定してコピーできます。

リンク自体のコピーがしたいのに…という場合は長押しです。

またおせっかい機能が発動してはいますが、[リンクをコピー]を選べばコピーできます。

しらない人も多い [取り消す]

間違えて消してしまった場合、もしくは変に貼り付けてぐちゃぐちゃになってしまった場合などにべんりなのがこの取り消しです。一つ前の処理を取り消して一つ前の状態へ戻します。

やりかたですが、スマホを振ります。はい。ぶんぶん振り回すとこの画面が出てきます。

アップルのアイフォンだけです。アンドロイドの人はどんなに振ってもだめです。

コピー&ペーストまとめ

いかがだったでしょうか?

スマホの「複雑な処理」の実態は「アプリを超えたコピーとペースト」なんです。
それ以上の処理はスマホを使いこなしたひとでもやっていません。
つまりコピー&ペーストを理解すればスマホを使いこなしたようなものなのです!

担当:まこと


タイトルとURLをコピーしました