あなたのパソコン、DVD再生できますか?

実は近年、DVD再生ができないパソコンが増えています。

パソコンは、より軽く小さく進化する過程でDVDを入れる所自体がなくなってきています。
DVDを入れるところがなければDVDは再生できません。
2000円程度で売られているDVDを入れる場所を取り付けてしまえば再生できるようになります。

外付けDVD装置(amazon)

DVD装置の有無とは別に原因があり、ウインドウズ10はDVD再生機能が別売りになってます。
NECや富士通など日本メーカーのパソコンはDVDが再生できる状態でパソコンを売っているのですが、海外メーカー製や格安パソコンの場合、DVDを再生することはできません。

DVDが観られるか調べるにはどうしたら?

パソコンにDVDを入れてみてください。
動画が流れればあなたのパソコンはDVD再生ができます。

絵がでるが止まってしまって動かない。
という場合はDVDによってはメニュークリックで再生が始まるものもあります。
ALLやチャプターのような動画が始まりそうな場所をクリックしてみてください。
再生が始まるかもしれません。

再生できなかった場合

よくわからない英語のソフトが起動してどこを押しても再生が始まらない。
怪しい日本語で何かを買わないと再生できない旨を訴えてくる。
DVDムービーに対して行う操作を選んでくださいとでてそれっきり
DVDが入った後しばらく回転音がしてたがその後、反応もなくそれっきり

などなどあると思いますが、大丈夫です。DVDが見られるようになります
設定をする必要がありますが、やることは2つ。

  • DVDが見られるソフトを導入する
  • DVD挿入時に対応するソフトを任命する。

この2点です。
では細かく説明していきます。

DVDを見るソフトを用意する

1750円で純正のDVD再生機能を買うこともできるのですが、今回は無料のDVD再生ソフトを導入する手順について説明します。

ダウンロード

VLCプレイヤーのダウンロード

まずVLCプレイヤーのページに移動し、[ダウンロードVLC]というところをクリックします。

クリックするとブラウザの左下辺りにファイルがダウンロードされるのでそれをクリックします。
設定が始まるのでOK押しながらすすめていきます。

OKを押します。

次へを押します。

次へを押します。

次へを押します。

インストールを押します。

ゲージが進んでいくのを見守ります。

おつかれさまでした。
これでDVD再生ソフト導入が完了です。

実行

三角コーンのようなアイコンがどこかに出来上がってるはずです。
それをクリックするとDVD再生ソフトが起動します。

このウインドウは初回だけです。

このように出たら、「続ける」を押して完了してください。

パソコンにディスクが入った状態で「ディスク(D)」→「再生()」と押すと再生されるはです。

動画再生できましたか?

音が出ない!という場合はボリュームがミュートになっていないか確認してみてください。
画面右下のスピーカーのマークをクリックすると音量調節が出ます。
☓になっている所をクリックすると音が出るようになります。


それでも音が出ない人はパソコン自体が音を出せないかもしれません。
パソコンの前面や裏面を探してイヤホンの差し込める穴あるはずです。
イヤホンかスピーカーをつないでみましょう音が出るかもしれません。

マイクとスピーカーの穴、どちらが正解か分からない場合は音を出した状態でつなぐと良いです。

つながれば画面右下へこのような問い合わせが出ます。
ヘッドフォンかスピーカーを選ぶと音が出るようになります。

なぜVLCプレイヤーは無料なのか?

タダより怖いものはない。という言葉があります。
無料の理由が不明では怖いと思いますので、その仕組みを説明します。
本来DVD再生機能を提供するにはソフト1本あたり200円程度のライセンス料が必要です。
このライセンス料の関係でウインドウズ8の時代からDVD再生機能が別売りとなりました。

VLCプレイヤーがDVDが再生できるにも関わらず無料で配れる理由は、正規とは違う技術でDVDを再生してるからなのです。VLCプレイヤーは広告など稼いだりしない非営利団体が善意で提供しているので、ライセンス料徴収側から見逃されている一面もあります。

広告もなく無料で使えるのは素晴らしいですね!

DVD挿入時に対応するソフトを任命する。

パソコンにはDVD再生ソフトを何本でも入れることができます。
しかしDVD再生に使うのは1本だけです。

どのソフトを使うのかは指定する必要があるため
DVDを挿入した際に再生するソフトをパソコンに教えます。

DVD挿入時、画面右下にこのような表示が出たかもしれません。
これはパソコンが今挿入したDVDどうする?と聞いていたのですね。
ほっとくと消えます。

これはDVD再生を指示した時にDVD再生担当が任命されていない時に画面右上に出ます。
ここでソフトを選ぶとそのソフトで再生しようとするのですが、再生機能のないソフトもリストに出てくるのでソフトがない時に選んでも結局再生できません。

ちなみにここで[新しいDVDアプリを検索]とすると、1750円の純正DVDプレイヤーを勧めてきます。今回は無料のVLCプレイヤーをつかったのでお得でしたね!

さていよいよDVD再生を担当するソフトを任命します。
画面左下の検索窓に「メディアの」と入れると[CDまたは他のメディアの自動再生]が候補に出てくるのでこれをクリックします。

「メディアの自動再生」と入れてもよいです。

このような画面が開きます。

この画像の場合は何も設定されていません。
ここにVLCプレイヤーを設定すれば、DVD挿入時に自動で再生してくれるようになのです。

この画像の場合、VLCメディアプレイヤーは[DVDムービー再生(VideoLAN VLC media player)]として一番上にありました。ここで選んだソフトがDVD再生担当になります。
選んだ後、[保存(S)]を押せばパソコンがこの設定を覚えてくれます。

DVD再生 まとめ

VLCメディアプレイヤーを利用すれば無料で安全にパソコンでDVDが見られるようになります。

それならブルーレイディスクも同じ様に見られるようになるのでは?と思った方は鋭いです。
ですが残念ながらブルーレイは現在のパソコン環境で観るには少々荷が重いです。

  • 自然な再生には高性能なパソコン必要
  • 再生ソフトが5000円~1万円する。
  • 4Kが画質をみるにはパソコン画面が小さい

といった理由ですね。

現状でブルーレイは大画面のテレビに再生機をつなげて観るのが簡単で安くてオススメです。

ブルーレイ再生機(amazon)

担当:まこと


タイトルとURLをコピーしました