写真から居場所が分かる?写真で居場所がバレる時代。

旅行先の海でいい写真が撮れたんです。
今時期旅行というのも何なので、近くの海ということにして息子に写真を送ったんです。
特定できるものがなにもない海の写真なはずなのに、息子には九州旅行がバレてしまったんですよ。

なにをどうやって特定したの?監視されてるの?

などといった写真から場所が特定されてしまった事はありませんか?

写真に撮った場所のデータがついている!

デジタル写真には「Exif(イグジフ)」という情報がついています。
撮影日時、カメラの名前、明るさ、緯度、経度までついていることもあります。

例えばお犬様の写真。


データをパソコンでみると、こんなふうに情報がダダ漏れなんです。
この写真は会社の事務所内の写真なので会社の住所が緯度経度高度で表示されてますね。
しかしこれが部屋の写真だとしたら?なんと住所が分かってしまします。
たとえマンションでも高度までついてるので部屋の特定も可能かもしれません。
まぁおそろしい。

写真についている情報の消し方。

ラインで写真を送ったら消えます。
フェイスブックやインスタグラムやツイッターにアップしても消えます。

パソコンでプロパティの詳細から、[プロパティや個人情報を削除]でも消せます。
今の時代は大手SNSで知らないうちに写真で居場所がバレるということはありません。
しかしメールやオンラインアルバムなど位置情報を消さないサービスもあります。

ラインやフェイスブックなどSNS自体がデータを持ってる!

写真の位置データは消してくれるのですが、それを投稿した場所はしっかり記録されていたりします。公開するかしないかは選択できるのですが、毎回位置情報つきで投稿していれば写真の位置情報が消えていても意味がありません。

初回設定時に位置情報を有効にしてよいかどうか聞かれてるはずなのだけれど、最初はたくさん質問されてよくわからないけど、はい。はい。って押しちゃいますよね…

位置情報をオフにする。

スマホの位置情報をオフにする。

スマホの位置情報をオフにしてしまえば位置情報がバレることはありません。
しかしナビも使えません。盗難時にスマホを見つけることもできません。
色々支障があるのでスマホの位置情報をオフにするのはオススメできません。

カメラの位置情報をオフにする。

旅先で写真をたくさん撮るという人は位置情報があったほうが良いでしょう。
カメラに位置情報を渡さなければ画像に位置情報がつけられることはなくなります。

アイフォンであれば、
[設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]
で位置情報をオフにできます。

アンドロイドであれば、
[設定]→[アプリ]→[カメラ]
で位置情報をオフにできます。

アプリの位置情報をオフにする。

フェイスブックなどのSNSアプリに位置情報を与えなければ、
設定をミスしていても自分の居場所ばバレてしまうことはありません。
設定方法はカメラのときと同じで、[カメラ]の代わりに[フェイスブック][ツイッター]を指定するだけです。
カメラとアプリ両方に位置情報を与えない設定がオススメです。

写真に写ってる!

写真から情報を完全に消して、SNSの対策も万全!でも本当にそれで大丈夫ですか?

  • 背景の電柱や住宅に居住表示が貼られていた。
  • お店の看板、学校や公民館など建物の名称が写っていた。
  • 足元を撮った際、写り込んだマンホールに自治体名が書いてあった。
  • 車のナンバーが写っていた。
  • 会社の封筒や社員証、学校や幼稚園などの名前が入った用紙が写っていた。

なんて具合に写真自体に情報が写り込んでることもあります。
最近のスマホカメラは小さなものもはっきり写るので注意が必要です。

写真で居場所がバレる まとめ

写真についてる情報、アプリの情報、写真に写っている情報は、見えるところから見えない所まで個人情報の宝庫です。

そんなところまで普通見ないだろう?と思うかもしれませんが、見る人は見てます。

必要ない個人情報は消して出さないようにしましょう。


タイトルとURLをコピーしました